2022年1月【労働災害】死傷災害34%が転倒、死亡災害34%が墜落・転落

固定ページ
Pocket

2022年1月の労働災害発生状況の速報値が2022年2月21日厚生労働省から発表されました。速報値は2月7日までの報告を集計したもの。

2022年1月の死亡災害の34%が墜落・転落、休業4日以上の死傷災害の34%が転倒。

墜落・転落・転倒。
「落」ちる「転」ぶ、労災の死亡・死傷で1番多い災害です。

2022年1月【労働災害】死亡災害の1/3が墜落・転落

2022年1月の1ヶ月だけで労働災害で56人の方が亡くなりました。

死亡災害は、前年同月比で51.4%増えています。

製造業が4人から18人へと大きく増えていて、第三次産業も6人から10人へ増えています。

2022年1月死亡災害業種割合

2022年1月の死亡災害の34%が、墜落・転落によるもの。

労働災害で亡くなった方の1/3が墜落・転落が原因です。

墜落・転落のよる死亡災害は、2021年1月の12人だったのが19人と増えています。

2021年1年間の死亡災害で墜落・転落が24%を占めました。

2022年1月の死亡災害での墜落・転落は34%。

死亡災害に占める墜落・転落の割合は、昨年平均より10%多くなっています。

「落」ちる事故は危険です。死亡災害で1番多いのが墜落・転落です。

2022年死亡災害

2022年1月【労働災害】休業4日以上の災害の1/3が転倒

2022年1月に発生した休業4日以上の死傷災害は半数(49%)が第三次産業でした。

第三次産業が、最大の死傷者を発生させている業種です。

2022年1月死傷災害業種

2022年1月の死傷者数の34%が転倒(1,856人)。

休業4日以上の死傷災害の1/3が転倒によるものです。

2022年1月死傷災害

2021年1年間の死傷者の24%が転倒(30,929人)。

死傷災害に占める転倒の割合が2022年1月は34%ですから、昨年平均よりも10%多くなっています。

(昨年1月は転倒が死傷災害の35%でしたので、前年同月比で増えてはいません。)

2022年1月の死傷災害に占める転倒の割合は34%。転倒による労働災害に注意が必要です。

墜落・転落・転倒による労働災害に注意

2021年1年間の労働災害での死亡災害で1番多かったのは墜落・転落。
死亡災害で24%(191人)が墜落・転落でした。
2022年1月の死亡災害での墜落・転落は34%。

2021年1年間の休業4日以上の死傷災害で1番多かったのが転倒。
死傷災害の24%が(30,929人)が転倒でした。
2022年1月の死傷災害での転倒は34%。

墜落・転落・転倒が、死亡・死傷災害の最大原因です。

「落」ちる・「転」ぶ。

この2つは働くうえで、危険な事故です。

自分や他の人の命と安全を守るために「落」ちない・「転」ばない。

気をつけるとともに、会社に危険防止・安全対策をとらせましょう。

そして、もしも墜落・転落・転倒をはじめ労働災害が起きてしまったら。

自分の不注意によるものも含めて、かならず労災申請(労災保険給付の請求)をしましょう。

【編集後記】

昨日(2022年2月21日)は多摩湖までポタリング(自転車散歩)しました。

IMG 4097

よく晴れて風がつよく気温も低かったので、富士山がきれいに見えました。

走り始めは少し寒いのですが、少し走ればポカポカしてくるのが自転車のよさ。
冬はポタリングがおすすめです!

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ56歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。