労災発生状況2022年5月速報値「死傷災害」1/3が新型コロナ感染症

固定ページ
Pocket

労働災害発生状況(2022年5月速報)が厚生労働省から発表されました。
労災による死傷者数は前年同期比で32.7%増加しています。
死傷者の35%、17,115人が主として新型コロナ感染による災害です。

Kuchikomi1013 jpg

「コロナに感染したのは、きっと仕事が原因だよ。」思い返して考える労働者

【労災前年同期対比】死亡災害24%増加、死傷災害は32.7%増

2022年における労働災害発生状況について5月速報値が厚生労働省から2022/05/17発表されています。

5月速報値は、2022年1月1日から4月30日までに発生した労働災害について5月9日までに報告があったものを集計したものです。

5月速報値によると、労災による死亡者数は227人、前年同期比で+44人、24%増加。

休業4日以上の死傷者数は48,286人、前年同期比で+11,897人、32.7%増加しています。

労働災害発生状況 2022年5月速報値

労働災害発生状況 厚生労働省

労災による死亡者・休業4日以上の死傷者、ともに大きく増加していることがわかります。

業種別で労災発生状況をみると、死亡者が製造業で73.3%増加、第三次産業が68.6%増加。死傷者では第三次産業が143.3%増加しています。

休業4日以上の死傷災害は新型コロナ感染が最多35%

休業4日以上の死傷災害の事故の型別の発生状況をみると、「その他」が17,115件件、全体の35%を占めています。

「その他」とは、主として感染症による労働災害のことです。

事故の型別労働災害発生 状況 2022年5月速報値

労働災害発生状況 厚生労働省

休業4日以上の死傷災害で、新型コロナウイルス感染症が全体の1/3を占めていることがわかります。

新型コロナ感染による労災申請は2022年4月は過去最多8,098件

新型コロナ感染による労災申請は2022年3月から激増しています。
2022年2月が1,395件だったのが、3月に5,934件、4月には過去最多8,098件へと増えています。

新型コロナ感染による労災認定

「新型コロナウイルス感染症に係る月別労災請求・決定件数」2022年4月30日現在(厚生労働省)から作成

2022年4月30日現在での新型コロナ労災請求件数39,498件。労災認定率98.5%

2022年4月30日現在での新型コロナウイルス感染症に関する労災請求件数は39,498件。

審査が終わり決定した件数は26,477件ですので、労災申請してまだ審査がまだ終わっていない件数が13,011件あります。

審査が終わり決定した26,477件のうち、26,089件が支給決定です。

不支給決定はわずか26,477件のうち388件にすぎません。

労災申請して審査が終わった方の98.5%が、労災として認められ労災保険からの給付をうけることが決定しています。

新型コロナ労災 請求件数 決定件数 決定件数のうち支給件数 決定件数のうち「不」支給件数 労災認定率
(支給決定の割合)
2020年3月 1 0 0 0
2020年4月 5 0 0 0
2020年5月 54 7 7 0 100.0%
2020年6月 370 48 48 0 100.0%
2020年7月 368 226 226 0 100.0%
2020年8月 186 229 229 0 100.0%
2020年9月 356 221 221 0 100.0%
2020年10月 443 237 213 24 89.9%
2020年11月 343 254 247 7 97.2%
2020年12月 526 328 325 3 99.1%
2021年1月 1,075 496 440 56 88.7%
2021年2月 1,939 633 623 10 98.4%
2021年3月 2,807 2,067 1,974 93 95.5%
2021年4月 1,949 1,412 1,397 15 98.9%
2021年5月 1,569 1,713 1,699 14 99.2%
2021年6月 2,172 2,183 2,172 11 99.5%
2021年7月 1,783 1,904 1,888 16 99.2%
2021年8月 1,141 1,951 1,938 13 99.3%
2021年9月 1,518 1,309 1,304 5 99.6%
2021年10月 2,045 1,461 1,452 9 99.4%
2021年11月 1,800 1,768 1,753 15 99.2%
2021年12月 1,039 1,883 1,851 32 98.3%
2022年1月 582 1,257 1,245 12 99.0%
2022年2月 1,395 877 868 9 99.0%
2022年3月 5,934 1,852 1,837 15 99.2%
2022年4月 8,098 2,161 2,132 29 98.7%
合計 39,498 26,477 26,089 388 98.5%

「新型コロナウイルス感染症に係る月別労災請求・決定件数」2022年4月30日現在(厚生労働省)から作成

新型コロナ感染による労災申請数は3月から激増していますが、新型コロナ感染者数が激増しているわけではありません。

新型コロナ感染者のなかで、労災申請する方が増えてきたということです。

新型コロナウイルス感染症は労災保険給付の対象になります。

「いわゆる後遺症」も労災保険給付の対象です。

「いわゆる後遺症」も含めて新型コロナ感染は労災の対象となる病気であることを、厚生労働省が周知した結果があらわれてきたのでしょうか。

もしも、新型コロナに感染してその原因が仕事だと思うのでしたら、労災申請しましょう。

新型コロナ感染の「いわゆる後遺症」についての参考記事

新型コロナ「後遺症」も労災の対象

【編集後記】

自宅のベランダで育てているミニトマト。
種をまき芽がでて少しづつ育ってきました。
7月には収穫して家族で食べられるはずです。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ56歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。