障害年金一覧

NO IMAGE

健康診断を受けた日は障害年金の初診日になるのか?

障害年金を受け取るためには初診日が重要です。初診日とは障害の原因となる病気やケガで初めて病院に行った日のことです。 健康診断を受けた日は障害年金の初診日になるのでしょうか。それともならないので...

記事を読む

NO IMAGE

障害者特例で65歳までの老齢厚生年金の額が増える場合がある。

障害年金を受け取っている方、障害年金(障害厚生年金・障害基礎年金)を受け取ることができない方でも、障害の状態にある場合は、生年月日によって特別支給の老齢厚生年金の額を多く受け取ることができる場合...

記事を読む

NO IMAGE

障害年金・遺族年金を受け取れるように毎月の国民年金保険料は翌月の末日までに納付しましょう。

91条 毎月の保険料は、翌月末日までに納付しなければならない。 国民年金法(保険料の納期限) 国民年金保険料は翌月の末日までに納付します。   国民年金の保険料は毎月の保険料を翌月の末日まで...

記事を読む

NO IMAGE

「障害年金 初診日 前日 なぜ」

「障害年金 初診日 前日 なぜ」で検索してBlogの記事を見に来ていただいた方がいらっしゃいます。 障害年金は、初診日の前日での保険料納付状況を確認します。それはなぜでしょうか。 障害年金を...

記事を読む

本人が亡くなったあとでも障害年金を請求できます。

ケガや病気で障害の状態にあった方が亡くなられた。 生前に障害年金を請求していなくても、一定の遺族の方が障害年金を請求できます。 障害年金は請求者ご本人が亡くなったあとでも、要件を満たしたご遺...

記事を読む

障害年金請求して出された決定に納得できない。不服申立てするために、先ずは何をしたら良いか。

障害年金請求書を提出して出された決定に納得できない場合に、不服申立てするためには先ずは何をしたらいいでしょうか。 障害年金の請求をして不支給の決定が出た。 支給の決定が出たが1級だと思っ...

記事を読む

障害年金の請求をしたら不支給決定が出てしまった。不服なら3ヶ月以内に審査請求をしましょう。

障害年金を受け取れると思って請求したら、不支給の決定となってしまった。 あきらめるしかないのだろうか。 いいえ。障害年金をふくめた年金の請求への処分(不支給の決定や、思っていた障害等級よ...

記事を読む

NO IMAGE

障害年金1級2級3級の障害の程度は国民年金法・厚生年金保険法の施行令別表に定められています。

障害年金は、国民年金法は1級・2級。厚生年金は3級も年金を受け取れます。 国民年金(障害基礎年金)は、1級または2級の障害の状態にあると、障害年金を受け取れます。 厚生年金(障害厚生年金...

記事を読む

障害年金を受けられる障害とは、どの程度の障害なのか?

障害年金を受け取るための要件(条件)は、3つです。(1)初診日 (2)障害の程度 (3)保険料納付 どの程度の障害の状態にあると障害年金を受け取れるのでしょうか。 障害年金は、国民年金法は1...

記事を読む

障害年金を受け取っている方。障害の状態がさらに悪くなってしまったら、年金額の改定(増額)請求をしましょう。

障害年金を受け取れることが決定して安心していたところ、障害の状態がさらに悪くなってしまった。 年金額が決まってしまったあとなのに・・・。 このような場合はどうしたらいいでしょうか。 ...

記事を読む

NO IMAGE

知的障害と発達障害。障害年金請求で同じところと違うところ。

知的障害と発達障害。障害年金を請求するときに重要な“初診日”の考え方が違いますので、注意が必要です。 知的障害と発達障害は、初診日の考え方が違う。 /* テーブル全体 */tab...

記事を読む

NO IMAGE

アルコール依存症の方も障害年金を請求できます。

アルコール依存症による障害の状態にある方は障害年金を受けられないというお話を聞くことがありますが、 アルコール依存症による障害も障害年金の対象になります。 “アルコール依存症だと障害年金は受...

記事を読む

老齢年金を受け取っていても、障害年金を受け取れる場合もある

65歳になる前に早めに老齢年金を受け取り始める繰上げ受給はよく考える必要があります。 老齢年金を繰上げ受給すると、一生年金が減額されることになる。 65歳になる前に早めに老齢年金を受...

記事を読む

Q.若い時に障害年金を受けると、将来受け取る老齢年金が減るの?

障害年金は20歳以上の方が受け取ることができるので若い方であっても受け取れることを話すと、その分、将来受け取る年金(老齢年金)が減ってしまうのではないか?という質問を受けることがあります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

基準障害による障害年金請求。別の病気やケガによる障害をあわせてはじめて2級・1級となる年金の請求。

(A)障害認定日には障害年金を受け取れる程度の障害の状態になかったので、障害年金を受け取れませんでした。 そして障害の状態は変わらずにいました。 (B)その後、別の病気やケガで障害の状態にな...

記事を読む

障害年金。事後重症による請求。

障害認定日には障害年金を受け取れる障害の状態になかったので、障害年金を受け取れなかった。 しかし、その後に障害の状態が悪化した場合は障害年金を受け取ることができます。 障害認定日に障害の状態...

記事を読む

国民年金未加入。1991年(平成3年)3月31日以前に初診日がある学生だった方は特別障害給付金を受け取れます。

1991年3月31日以前に初診日があるその当時学生だった方などは国民年金に加入していなくても、国民年金の1級2級の障害の状態にある場合は、特別障害給付金を受け取ることができます。 現在...

記事を読む

NO IMAGE

障害認定日による請求。障害年金はいつの分から受け取れるのか

昨日は、障害年金を請求するために障害の状態を認定する日、障害認定日について書きました。 障害認定日に障害の状態に該当した場合、年金はいつの分から受け取ることができるのでしょうか。 障害年...

記事を読む

NO IMAGE

障害年金。初診日から1年6ヶ月待たずに障害認定日となる場合があります。

障害年金を請求するための障害認定日は初診日から1年6ヶ月経過した日ということをご存知の方はいらっしゃると思います。 しかし、初診日から1年6ヶ月経過していなくても障害年金を請求できる場合があり...

記事を読む

NO IMAGE

障害厚生年金を受けていた方が亡くなった場合は遺族厚生年金を残せます。

障害厚生年金1級か2級を受け取っていた(または受け取ってはいなかったが受給権者であった)方が亡くなられた場合は、要件を満たす遺族の方は遺族厚生年金を受け取ることができます。 遺族厚生年金の受給...

記事を読む