【簡単・時短】しらす丼(夏バテに最高)

固定ページ
Pocket

最近暑くて、食欲がないという人も多いのではないでしょうか。

料理のやる気が起きない、食べる気力もない、、でも食べなければというのはつらいですね。

我が家で食欲がないときに食べる、5分でつくる簡単「しらす丼」を紹介します。

材料(1人前)

・シラス:お好みで(冷凍でも大丈夫です)

・白ご飯:適量(100gくらい)

・ごま油:大さじ1〜2

・韓国のり(小さくカットされているのがおすすめです)

・あれば、薬味や白ごまなど

作り方

(1)温まったご飯の上にしらすをたっぷりとかけます。

※冷凍のシラスの場合は、レンジで温めるorお湯で溶かしましょう。

(2)韓国のりをふりかけます。

(3)ごま油を大さじ1〜2かけます。

※お好みで調節してください。味が濃いのが苦手な人は、大さじ1で十分です。逆に味が濃いのが好きな人は大さじ2入れてみましょう。

(4)お好みで薬味や白ごまをふりかけます。

(5)混ぜて完成です!

いかがでしょうか。

5分もかからずにあっという間にできあがります。

ごま油の香ばしさとしらすの塩っけによって、食欲がかき立てられます。

暑い日が食べれるものを食べて、力をたくわえましょう!

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ56歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。