生活困窮者へ配布する食料品【Amazon「みんなで応援」プログラム】で簡単に贈れる

固定ページ
Pocket

テレビのニュース番組や新聞で新宿の都庁前で食料配布して生活困窮者を支援している活動を知っているという方もいるのではないでしょうか。

Amazonのほしい物リストで買い物をすると、生活困窮者への食料配布をかんたんに応援できるのでオススメです。

土曜日の午後に新宿都庁前で生活困窮者へ食料配布と相談会をおこなっている民間団体の活動

新宿の都庁前で、無料の食料品の配布・生活相談・健康相談が月に2回開催されています。

新型コロナウイルスに関連して住まいを失ったり収入がへってしまった人を支援するために 、2020年4月以降は毎週開催されています。

26NJ shinjyukutocyou TP V 12 14 32

この食料品の配布・相談活動は、民間団体の<もやい>と<新宿ごはんプラス>が協同しておこなっています。

<もやい>認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
【新型コロナウイルス】2021年4月の臨時相談会のお知らせ4月中の土曜相談:3日、10日、17日、24日

<新宿ごはんプラス>
「新宿ごはんプラス」は、無料の食事提供&ワンストップ相談会をおこなっています

テレビのニュース番組などでも報道されていますので、多くの人が食料品の配布を待って長くつづく列に驚くと同時に、この活動を応援したいと思った方もいるのではないでしょうか。

生活困窮者に配る食料品。

Amazonのほしい物リストを使ってあなたも簡単に送ることができます。

Amazon「みんなで応援」プログラム

Amazon「みんなで応援」プログラムは、支援先が作成した「ほしい物リスト」から商品を買うと、支援先に商品がとどくという仕組みです。

Amazon みんなで応援 プログラム

新宿の都庁前でおこなわれている生活困窮者への食料品配布。

配布している食料品のうち缶詰などを、Amazon「みんなで応援」プログラムを使って支援団体におくることができます。

Amazonで買い物をしている方でしたら、とてもかんたんに応援できる仕組みなのでおすすめです。

Amazon「みんなで応援」プログラムで<もやい>に食料品をおくる

Amazon「みんなで応援」プログラムで新宿の都庁前で生活困窮者に配布される食料を認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいに贈ることができます。

Amazonの【「みんなで応援」プログラム】のページを開く

Amazon「みんなで応援」プログラムを開きます。

Amazon みんなで応援 プログラム

[カテゴリから支援先を選ぶ]から[障がい・生活]をクリックして開きます

カテゴリから支援先を選ぶ

(この記事を作成している2021/03/29時点では8つの団体が表示されます。)

[認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい(東京都新宿区)]の[ほしい物リストで応援]をクリックします。

<もやい>ほしい物リスト

NPO法人もやい_新型コロナ緊急支援
これまでなんとかギリギリの生活を送ってきた方が、コロナ禍の影響を受けて、収入や住まいを失っています。 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいでは、通常の相談に加え、4月からは生活にお困りの方の相談会を週2回行い、支援を充実させてきました。 しかし、この状況はまだ当分続きそうです。 生活にお困りの方への支援に必要な物資、安全に活動を続けるための感染症対策グッズなどがまだまだ足りません。みなさまからご支援いただけたらとても嬉しいです。 ご面倒ではございますが、火・水・金曜の10時~18時着で送っていただけるとたいへん助かります。

ほしい物リストの商品が一覧で表示されます。

注文できる商品から選んで[カートに入れる]をクリックします

商品

(在庫がなくて注文できない商品も表示されています。)

注文した内容をショッピングカートで確認します

ショッピングカート

(匿名(とくめい)で贈りたい場合は、[ギフトの設定]のチェック(レ)をとります。)

注文内容を確認できたら[レジに進む]をクリックします。

支払い方法を確認して[続行]をクリックして、注文の最終確認にすすみます

支払い方法

[お届け先住所の選択]は注意しましょう

住所<もやい>

自立生活サポートセンター・もやい[この住所に届ける]をクリックします。

自宅などの住所をクリックすると、<もやい>には届きませんから注意しましょう。

配送日時を火・水・金曜の10時~18時着で指定する

NPO法人もやい_新型コロナ緊急支援
“これまでなんとかギリギリの生活を送ってきた方が、コロナ禍の影響を受けて、収入や住まいを失っています。 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいでは、通常の相談に加え、4月からは生活にお困りの方の相談会を週2回行い、支援を充実させてきました。 しかし、この状況はまだ当分続きそうです。 生活にお困りの方への支援に必要な物資、安全に活動を続けるための感染症対策グッズなどがまだまだ足りません。みなさまからご支援いただけたらとても嬉しいです。 ご面倒ではございますが、火・水・金曜の10時~18時着で送っていただけるとたいへん助かります。

とありますので、[お届け日時指定便]をチェック(◎)して日時を指定してから[次に進む]をクリックしましょう。

配送オプション

注文内容を確認したら[注文を確定する]をクリックして、注文を確定します

注文内容確認

いつもの買い物では見ない[請求先住所を選択してください]の画面が表示されます。

[この住所を使う]をクリックします。

請求先住所

Amazonで買い物をしているという方でしたら、ほとんどいつも通りの買い物です。

時間も手間もかからずに生活困窮者への配布する食料をかんたんに贈ることができます。

注文確定

生活困窮者の支援を応援したいけれど、手続きが大変だと思っていた方。

Amazonのほしい物リストを使うと、かんたんに商品を贈ることができます。

お試しいただければと思います。

【編集後記】

土曜日は午後に仕事があったので午前中に家族で散歩して近所の桜をみました。

昨日(2021/03/28)は風が強かったので、土曜日に花見をしておいて良かったなと。

週末の1日1新

諏訪浪漫BEER くろゆり<スタウトタイプ>

新しい春物のブレザー

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ56歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。