エイプリールフール(4月1日)に、優しい嘘の映画『life is beautiful』を観よう。

Pocket

4月1日はエイプリルフール

今日は、エイプリールフールです。

私の子どもが小さい時に、4月1日には子どもから電話で、「学校の帰り道にお財布を拾った」や「イヌをもらった」などの、可愛い嘘をつかれたことがあります。

今回の記事では、家族を愛する男が、ユダヤ人迫害の中で、優しい嘘をつきながら、大切な家族を守る映画『life is beautiful』をご紹介します。

映画『life is beautiful』(ネタバレなし)

Amazon ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

Amazon(レンタル・購入) ライフ・イズ・ビューティフル (字幕版)

ヒトラー政権下のドイツのお話です。

ユダヤ人の主人公の男と、その妻と息子を中心に描かれていきます。

ユダヤ人差別の映画はどれも重たく、きついものが多いです。(当たり前ですが。)

映画『life is beautiful』は、私の子どもが小学生のときに一緒に見れるくらい、主人公のユーモアで少し明るいイメージをもつ映画です。

ユダヤ人に対するひどい仕打ちなども、場面にはでてきますが、主人公の男の前向きな姿勢と、妻の強さ、子どもの可愛らしさに心を打たれます。

映画で豊かな人生を

人生のすばらしさ、生命の尊さを感じる映画『life is beautiful』はおすすめ上位の映画です。

観てみてはいかがでしょうか。

1日1新:星乃珈琲店 フルーツティー

The following two tabs change content below.

小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて

小倉健二(おぐらけんじ) 1965年生まれ53歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格

最新記事 by 小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。