【アイスクリーム】余ったホイップクリームで簡単に作ろう(ステイホーム)

Pocket

お菓子作りのあとにホイップクリームが余ってしまった…開封済で賞味期限ももたないどうしよう…

そんなときは、ホイップクリームと卵だけで、自宅にいながら本格的なアイスクリームを作ってみてはいかがでしょうか!

外食を避けてステイホームが求められている今だからこそ、自宅で簡単な手作りを楽しみましょう。

アイスクリームの作り方

冷凍庫で3時間半くらい寝かせる時間がいりますが、作業としては20分〜30分で作れます!

参考にしたレシピ

・MARI✻Cook さんのホイップクリームで手作りアイス♡
・白ごはん.comさんの手作りアイスクリームの簡単レシピ/作り方

材料

・ホイップクリーム:100g
・卵:1個

道具

・タッパー(冷凍対応)
・卵をとくもの(箸・泡立て器・ハンドミキサーなど)
・ヘラ
・スプーン
*すべて1つだけ使います。

作り方

(1)タッパーの中に卵を入れ、ときます。

(2)ホイップクリームを2回に分け入れ、ヘラで混ぜ合わせます。

【1回目】

【2回目】

【混ぜ終わったもの】

(3)蓋をして冷凍庫で2時間冷やし、30分ごとに混ぜ合わせ、3時間30分後に完成です。

*お使いの冷凍庫にもよりますので、お好みの硬さに調整してください。

【2時間後】

周りは固まっていますが、真ん中はまだ柔らかいので、スプーンで均一に混ぜていきましょう。

スプーンでよく混ぜましょう。

また冷凍庫で30分冷やします。

【2時間30分後】

まだ味はホイップクリームっぽさが残っていますので、スプーンで混ぜ合わせ、30分冷やします。

【3時間後】
アイスクリームっぽくなってきました。

【3時間30分】

ほどよく固くなり、完成!!
味はとても濃厚で美味しいです🌟

いかがでしょうか。作業時間は20〜30分程度で、冷凍庫で冷やすだけで簡単にできました。

クリスマスシーズンや誕生日、お祝い事のときについつい余ってしまうホイップクリームで、まるで牧場のお店で食べたようなアイスクリームができます。

ステイホームで自宅にいながら、お店気分を味わえます。

誰でも簡単にできますので、作ってみてはいかがでしょうか。

【編集後記】

昨日は所用で練馬区の大泉学園へ行きました。

大泉学園は日本アニメーション発祥の地だということです。
駅前にアニメの主人公の像がいくつも設置されていました。

写真はあしたのジョーです。

あしたのジョー

昨日の1日1新 大泉学園 北野神社

無料相談(mail・zoom)のお申し込みはこちらから

 

    mail相談(初回無料) 申込み

    email相談は初回無料です。 申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください。

     

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    相談 項目
    いずれかの○を選んでチェックしてください
    労働問題  障害年金請求労災保険給付

    相談の内容 必須

     

      zoomオンライン相談(30分1回無料) 申込み

      申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください
       

      お名前 必須

      メールアドレス 必須

      相談 項目
      いずれかの○を選んでチェックしてください
      労働問題  障害年金請求労災保険給付

      相談 内容 必須

      zoomオンライン相談 希望日時(第1希望〜第3希望までご記入ください) 必須

      第1希望

      第2希望

      第3希望

      The following two tabs change content below.
      アバター

      小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

      小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談(期間限定)「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ55歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
      %d人のブロガーが「いいね」をつけました。