年末の大掃除~新聞紙で窓ふきはラクにできる~

Pocket

今日から年末年始休暇という方も多いでしょうね。
2018年は残り3日で終わります。
新年はきれいな家で過ごしたいです。
年末は大掃除をやりますが、いろいろと大変です。
せめて窓ガラスだけでも綺麗にして、初日の出を迎えてみてはいかがでしょうか。
たくさんの種類の窓ふき専用の洗剤が売られています。

しかし、洗剤を使わず新聞紙だけで窓ガラスを綺麗に拭くことができます。

楽ちん窓ふきの道具

1セット(窓の大きさに合わせて用意してください。)

・新聞紙4枚

新聞紙は濡らす用と、乾拭きする用と2つ作ります。

IMG 1698

窓ふきは雑巾を使っていますでしょうか。

雑巾を使って窓を拭くと布の繊維がガラスについたり、拭いたあとにムラができやすいものです。

きれいに窓をふくためには、新聞紙を使うと便利です。

楽で簡単な窓ふきの手順

(1) 濡らして使う用に、見開き2枚の新聞紙を丸めます。

(たたんで使う方が使いやすい人は、ふきやすい形に折ります。)

IMG 1698

(2) 乾拭き用に、見開き1枚の新聞紙をたたみます。

IMG 1698 2

(3) 丸めた新聞紙を濡らして絞ります。

(4) 外に面している窓からふき始めます。

(内側からふくときに外は明るいため、外の汚れか内の汚れかわかりにくくなります。そのため、外からふき始める方が、きれいに掃除ができます。)

(5) 濡らした新聞紙を上から下にふきます。

(5) 乾いた新聞紙を上から下にふきます。

完了です。

窓ふき日和は「曇りの日」(「雨の日」でも◎)

調べてみると、窓ふきは「曇りの日(雨の日)」に行うと汚れが落ちやすいようです。

実際に「晴れの日」と「曇りの日」に比較して窓ふきをしました。

「晴れの日」

晴れた日に窓を拭くのは気持ちがいいです。

しかし、晴れた日は乾燥していて、のんびりしていると、乾いて汚れがこびりついていきました。

「曇りの日」

湿気が多く、汚れが湿気を含んで落ちやすかったです。

晴れた日は気持ちよく、窓ふきができます。

曇りの日や雨の日に窓ふきをするのもオススメです。

【編集後記】

寒波がやってきています。東京は冷たい風が吹いて寒いです。

残すところ今年もあと3日ですね。

大掃除とまで手が回らないという方は、風呂場だけ、窓ガラスだけ、どこか1箇所だけ綺麗にするだけでも、正月を迎える気持ちの切り替えにしてみてはいかがでしょうか。

1日1新:蜂蜜カステラサンド

IMG 7694

The following two tabs change content below.

小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて

小倉健二(おぐらけんじ) 1965年生まれ54歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。