【iPhone】ベッドタイム設定でアラーム設定をしよう

固定ページ
Pocket

冬になり、朝起きてから布団から出るのが辛くなってきましたね。

前日に翌朝のアラーム設定をせずに寝てしまった場合、自力で起きるのは難しい…という方も多いのではないでしょうか。

今回は、iPhoneで、曜日ごとのアラームの設定、画面の明るさを抑えるなどの就寝サポートをしてくれる「ベッドタイム」の設定方法を紹介します。

「ベッドタイム」の設定方法

(1)アプリ「ヘルスケア」を開きます。

(2)「睡眠を設定」から「はじめよう」で設定を始めます。

(3)「ベッドタイム」の説明が入ります。「次へ」を選びましょう。

ベッドタイムでは、

  • 睡眠スケジュール
  • 睡眠モード
  • 就寝準備

のサポートをしてくれます。

(4)睡眠時間を設定しましょう。左右の−・+で時間数の変更ができます。設定が完了しましたら「次へ」を選びましょう。

(5)曜日を選び、就寝時刻・起床時間を設定しましょう。「追加」で設定を完了します。

【有効にする曜日】

青色になっている曜日が設定対象です。
*今回は平日の設定をしたいので、土・日をタッチして設定から外しました。

【就寝時刻と起床時刻】

ベッドマークとベルマークを動かすことで、時間の変更ができます。時計の下に睡眠時間「◯時間」と表示されます。

【アラームオプション】

・目覚ましのアラーム
アラームのON/OFFを選びます。

・サウンドと触覚
アラームの音楽・音量を選びます。

・スヌーズ
停止するまでアラームし続ける場合、ONにします。1回だけ鳴らす場合はOFFにしましょう。

(6)他の曜日も設定しましょう。

「ほかの日のスケジュールを追加」から(5)の方法で設定します。設定が終わりましたら「次へ」を選びます。

*先程は平日の設定だけでしたので、土日の設定をします。

(7)睡眠モードの設定です。

設定した就寝時間のロック画面が写真のように、暗くシンプルに表示され、安眠を誘います。
睡眠モードを使用する場合は「睡眠モードを有効にする」を、使用しない場合は「スキップ」を選びましょう。

(8)就寝準備の設定です。

(7)で設定した睡眠モードを就寝時刻前から開始し、入眠の準備をすることができます。

就寝準備を使用する場合は「就寝準備を有効にする」を、使用しない場合は「スキップ」を選びましょう。

(9)就寝準備ショートカット

ロック画面にショートカットを作成することで、画面を観る時間を減らすことができます。

(10)「完了」を選び、設定の完了しました!

ベッドタイムの設定を変更する

「時計」から変更する

(1)時計を開きます。

(2)「アラーム」の画面上部「睡眠|起床」の「変更」を選びます。

(3)ページ下部の「睡眠スケジュール」の「睡眠スケジュールを編集」から変更します。


「ヘルスケア」から変更する

(1)「ヘルスケア」を開きます。


(2)「睡眠」を選びます。

(3)ページ下部の「通常スケジュールとオプション」から変更します。

(4)「編集」を選び修正していきましょう。

明日のアラームだけ変更する


明日だけ早く起きたい/遅く寝たいというときもありますよね。
その場合は、明日だけに限定して設定を変更しましょう。

(1)「時計」を開きます。

(2)「アラーム」の画面上部「睡眠|起床」の「変更」を選びます。

(3)「次の起床時のみ」からベッドマーク・ベルマークで就寝時刻・起床時刻を設定し、「完了」選びましょう。

いかがでしょうか。

私は普段寝坊はしないのですが、念の為iPhoneでもアラームを鳴らして、規則正しい生活を送ることを心がけています。

お試しいただければと思います。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ57歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。