iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソル移動・範囲指定もできる。

Pocket

iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソル移動ができる。

iPhoneで文字入力していて、途中で入力した文章を修正することはよくありますよね。

指で画面を押したまま動かしてカーソルの位置を目的の場所まで移動させますが、ぴったりの位置で指を止めるのは少し難しいです。

パソコンのキーボードだったら、上下左右の矢印キーで一文字づつ移動できるのですが、iPhoneではできません。

実は、iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソル移動ができます。

[空白]を強く押す(3Dタッチ)と表示されているキーの文字が消えます。

この状態で、指を動かすとカーソルが指の動きに合わせて移動します。

ノートパソコンを使っている方でしたらよくご存知のトラックパッドの状態になるのです。

トラックパッドの状態で指を動かしてカーソルの位置を目的の位置に移動できたら、指を離すとその位置にカーソルがあります。

iPhone[空白]キー長押しで、カーソルで移動する方法

(1)キーボード画面を開きます。

IPhoneキーボード

(2)「空白」と書かれたキーを長押しします。

IPhone文字の消えたキーボード

(3)キーボードの文字が消えます。この状態になると文字が消えたキーボードの部分がトラックパッドになっています。

(4)トラックパッド化した部分で指を動かしてみましょう。カーソルが指の動きに合わせて移動します。

iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソルで範囲を指定して選択できる。

iPhoneで文章の一部をコピーしたりカットするために範囲指定することもよくありますが、指を使ってうまく範囲を指定できずに困ることがありませんか。

[空白]キー長押しでカーソル移動する機能を利用して、範囲選択ができます。これも楽で便利です。

iPhone[空白]キー長押しで、カーソルで範囲を選択する方法

(1)空白キーを軽く長押しをします。

IPhoneキーボード

(2)別の指で文字が消えたキーボード上の下2段にある少し濃い目のグレーの部分を1度タッチします。

IPhoneトラックパッド化1

タッチした部分からカーソルの範囲が決められます。(グレーの部分をタッチした指は離して大丈夫です。)

IPhoneトラックパッド化範囲指定1

(3) 空白キーを押していた指を動かすことで、選択する範囲が決められます。

IPhoneトラックパッド化範囲指定2

(4)コピーなどをしたいときは、空白キーを押していた指を離し、選択した範囲をタッチすると表示されます。

IPhoneトラックパッド化範囲指定後

[空白]キーを長押ししてもカーソル機能にならない場合は、設定から3DTouchをオンにする

「3DTouch」がオフになっている場合はカーソル機能の使用はできないようです。

「3DTouch」を「オン」にする方法

(1) [設定]

IPhone設定

(2) [一般]

IPhone設定 一般

(3) [アクセシビリティ]

IPhone設定 一般 アクセシビリティ

[3D Touch] オン

これで、[空白]キー長押しでカーソル移動と範囲選択使えるようになりました。

iPhoneで文章入力するのに一番不便なのがカーソル位置の移動と範囲選択でした。
[空白]キー長押しで、カーソル移動と範囲選択で、iPhoneでの文章入力がとても楽になりました。
便利な機能なので、みなさんもぜひ使ってみてください。




【編集後記】

今回紹介した操作は私の下の子どもに教わりました。
知らなかった便利な操作でウソのように快適になることがたくさんありますよね。
大きな改善ではないほんの小さな知識でできる便利も探してみてはいかがでしょうか。
[alt]キーと数字[1][2]だけで自分がよく使う色でセルを塗りつぶすExcelの操作も最近知った便利です。
記事はこちらです。
Excelセルの塗りつぶしをキー操作。クイックアクセスツールバーで瞬時に行なう。

今日の1日1新:雪印北海道100 さけるチーズ スモーク味

The following two tabs change content below.

小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて

小倉健二(おぐらけんじ) 1965年生まれ53歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。