iOS16アプリ【ロックランチャー(Lock Launcher)】iPhoneロック画面下アイコンから一瞬でアプリ起動

固定ページ
Pocket

iPhoneを使っている方はロック画面からアプリを起動できると便利だと思いませんか?
iOS16では、ウィジェットを利用することでロック画面からアイコンをタップしてアプリを起動できるようになっています。
さらに、アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)を使うと、もっと便利です。
iPhone画面下にアイコンを配置してロック画面からアプリが起動します。
iPhoneロック画面から、アイコン1タップするだけ片手でアプリを瞬時に起動できます。

【iOS16】ロック画面にウィジェットを配置する。ロック画面でアイコンをタップするだけでアプリ起動

iOS16からiPhoneロック画面にウィジェットを配置して、ウィジェットをタップするとロック画面から直接アプリを起動することができるようになっています。(写真は16.0.1)

ロック画面でウィジェット(アプリのアイコン)をタップすると、Face IDでロック解除されると同時にアプリが起動します。

画面下から「上にスワイプして開く」ことなく、アイコンをタップするだけでアプリが起動する、とても便利な機能です。

ロック画面にウィジェットを配置する方法は簡単です。

(1)ロック画面を長押し

IMG 0505

(2)「カスタマイズ」をタップするか、「+」をタップして新規ロック画面を追加

IMG 0508

(3)ロック画面のカスタマイズの画面に切り替わったら「ウィジェットを追加」をタップ

IMG 0510

追加することができるウィジェットが一覧で表示される

IMG 0511

(4)追加したいウィジェットをタップして選択

IMG 0512

追加するウィジェットをタップすると、画面上部にウィジェットが追加される

(5)ウィジェットの追加ができたら「ウィジェットを追加」横の「X」をタップする

(6)「完了」をタップして、ロック画面のカスタマイズを終了する

(7)iPhoneロック画面にウィジェットが追加された

(8)ウィジェットをタップしてiPhoneロック画面からアプリを起動する

ウィジェットをタップするだけで、iPhoneロック画面からアプリが起動した

IMG 0526

アプリを追加で購入することなく、iOS16(16.0.1)の標準機能だけで、ロック画面から瞬時にアプリを起動できますから試してみましょう。

【iOS16】アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)ロック画面下部にアイコン配置。iPhoneロック画面からアイコンタップでアプリ瞬時起動

iOS16(16.0.1)の標準機能だけでiPhoneロック画面からアプリを起動できるのですから便利な機能を使ってみましょう。
ロック画面へウィジェットを配置する方法も簡単ですから、すぐに利用することができます。

しかし、便利ではあるのですが、iPhoneのロック画面へのウィジェットの追加は画面上部に配置されます。

私はiPhone13miniを使っているので、片手で持っていても親指が届くのですがサイズが大きいiPhoneを使っている方は少し届きづらいでしょう。

アプリを起動することなく、必要な情報がロック画面に表示されれば事足りるウィジェットであれば良いのですが。
たとえば、Apple Watchのバッテリー残量は見て確認できれば良いので指が届かなくても問題ありません。

そして、iOS16の標準機能で追加できるウィジェットは2〜3個のアプリだけですので、ロック画面からもっと多くアプリを起動したいという方には物足りなくなります。

  • 片手でiPhoneを持って親指が届くように画面下にウィジェットが配置される。
  • たくさんのアプリをアイコンでロック画面に表示したい。

こんなときには、iPhoneアプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)をApp Storeからインストールしてみましょう。

iPhoneアプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)は無料でも使用できますが、App内課金160円(2022/11/29現在)で購入できます。サブスクリプション購入ではないので160円で使用し続けることができる安価な商品なので購入しましょう。

IMG 0529

【iOS16】アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)iPhoneロック画面へのアプリアイコン配置方法

【iOS16】アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)ロック画面へのアプリアイコン配置方法(基本)

App Storeからアプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)をiPhoneにインストールします。

IMG 0532

インストールができたら、[ロックランチャー](Lock Launcher)を起動します。

IMG 0531

写真ではアプリの登録が終わっていますので、App Storeから[ロックランチャー](Lock Launcher)インストールしたばかりの画面とはことなります。

はじめは赤い四角枠で目立たせた部分だけしかありませんので、タップしてロック画面に配置するアプリを設定します。

(1)アクションを編集の「おすすめ」から「アクションを選ぶ」をタップ

IMG 0530

(2)「Apple Apps」をタップして、iPhoneに標準でインストールされているアプリを選択

IMG 0533

たとえば、Safariをロック画面から瞬時に起動したければタップして選択します。

IMG 0535

(3)「保存」をタップ

IMG 0534

(4)ロック画面にアイコンを配置したいアプリの選択ができたら、島のアイコンをタップ

IMG 0536

(5)「ロック画面下の設定」

1列のアイコン数は好みで。Dockの行数は1列のアイコン数と行数を掛けた数がアイコン数より少ないと表示されないアイコンが出ます。

(6)ロック画面下の設定ができたら「ライブ活動」をオンにして、「完成」をタップ

IMG 0539

ロック画面の下部にアプリのアイコンが配置されました。

アイコンをタップするとロック画面から直接アプリが起動します。

【iOS16】アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)アプリURLスキームからの登録もできる

「アクションを編集」の「おすすめ」から「アクションを選ぶ」でPopularから「Apple Apps」や「Hot Apps」「Hot Apps(Japan)」アプリを選択することで、iPhoneロック画面にアイコンを配置するアプリを簡単に追加することができます。

しかし、「おすすめ」の一覧にないアプリもあるでしょう。

そんなときには、URLスキームを使ってアプリを追加することができます。

URLスキームを使ってアプリを追加するには、「アクションを編集」からカスタマイズをタップします。
「URL Scheme」をタップして、URLスキームを入力します。

IMG 0543

「URLスキームは使ったことがないからわからない」と敬遠するかもしれませんが、アプリを起動するときのURLですのでむずかしくはありません。

自分が使いたいアプリの名前と「URLスキーム」と入力してネットで検索してみましょう。

たとえば私が使うアプリをネットで検索したところ、見つかりました。

  • 「Jカレンダー」URLスキームは「net.ysakaki.JCalendar://」
  • 「FastEver 3」URLスキームは「fastever3://」(「fastever3://new?text=」としなくてもロックランチャーから起動できた)
  • 「Due」のURLスキームは「due://」

このURLスキームをコピーして「URL Scheme」欄にペーストして「保存」をクリックすれば追加完了です。

画面下から上にスワイプしてロック画面を解除、ホーム画面からアイコンをタップしてアプリを起動。
この2ステップでiPhoneのアプリを起動するのは手間がかかって面倒です。

アプリ[ロックランチャー](Lock Launcher)を使用すれば1ステップでアプリが起動します。

iPhoneを手に持ってロック画面が表示されたら、画面下のアイコンをタップするだけの1ステップで瞬時にアプリが起動します。

【編集後記】

セールやバーゲンはあまり気にしたことがなく、Amazonブラックフライデーセールも利用したことがありませんでした。
お買い得だよと子どもに教えてもらい、今回はじめて利用してみました。
iPhoneケースやモバイルバッテリー、安くなっていたのでお得な買い物ができました。
中でもDropbox3年版が通常より安い38,280円からさらに25%オフで28,400円はお得でした。
セールも気にしてみるものだなと。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ57歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。