【Excel】単位を自動で表示する方法(人・円・個など)

固定ページ
Pocket

Excelで表を作成するときやいろいろな場面で、数字に単位をつけることがあると思います。

数字を入れたあと、「人」「個」「円」などの単位を手入力すると大変です。

そもそも数字ではなく文字になって計算できなくなってしまいますから、やめましょう。

セルに数字だけ入力すれば、自動で単位がつくように設定する方法を紹介します。

単位を設定方法

(1)単位をつけたいセルの範囲を選択します。

(2)[ctrl]キーを押しながら[1]キーを押して「セルの書式設定」を表示します。

(3)セルの書式設定の「表示形式」の「ユーザー定義」にある「種類」に単位を設定していきます。

自動設定する単位の種類

〜人(人数)

セルの書式設定の「ユーザー定義」の種類に「0”人”」と入力し、「OK」します。

※数字の「0」+ダブルクオーテーション「”」+単位「人」+「”」

↓↓

数字を入れると自動で後ろに「人」という文字がつきます。

〜個(個数)

セルの書式設定の「ユーザー定義」の種類に「0”個”」と入力し、「OK」します。

※数字の「0」+ダブルクオーテーション「”」+単位「個」+「”」

↓↓

数字を入れると自動で後ろに「個」という文字がつきます。

〜円(金額)

セルの書式設定の「ユーザー定義」の種類に「0”円”」と入力し、「OK」します。

※数字の「0」+ダブルクオーテーション「”」+単位「円」+「”」

↓↓

数字を入れると自動で後ろに「円」という文字がつきます。

※「円」以外の通貨の単位は、セルの書式設定の「通貨」の「記号」のプルダウンから選ぶことができます。

約〜個(個数)

数字の前後に文字を自動でいれることもできます。

セルの書式設定の「ユーザー定義」の種類に「”約”0”個”」と入力し、「OK」します。

※ダブルクオーテーション「”」+文字「約」+「”」+数字の「0」+「”」+単位「個」+「”」

↓↓

数字を入れると自動で後ろで「約〜個」という文字がつきます。

いかがでしょうか。自動で設定することで入力する手間が省け、スムーズに作業をすすめることができますね。

Excelの機能はたくさんありますから、身近なことから今まで使ったことのない機能を1つでも利用してみましょう。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ57歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。