【Excel】表示されている数字のみ合計する

固定ページ
Pocket

Excelでフィルター選択した数字だけを合計したり、非表示で消した数字を除いた合計を算出するときに、いつもの合計の数式「=SUM()」では、隠してある数字まで合計に含まれてしまいます…。
(行や列を「非表示」にする方法自体はおすすめではないのですが)

今回は、表示されている数字だけを合計する方法の紹介です。

表示されている数字だけ合計 =SUBTOTAL(109,範囲)

10種類の商品A〜Jがそれぞれ10個ずつあります。合計は10種類×10個で100個です。

【数式】=SUM(C3:C12)
*C3:商品Aの個数、C12:商品Jの個数

5種類の商品A〜Eの合計を出します。

まだ、数式が「=SUM(C3:C12)」のままなので、最後の商品Jまでの合計数100個と表示されてしまいます。

【数式】=SUBTOTAL(109,C3:C7)

C3:商品Aの個数、C7:商品Eの個数

これで商品A〜Eの個数50個(5種類×10個)が算出されました。

=SUBTOTAL(109,範囲)

109」は非表示の値を無視して集計(SUM)するという意味です。

集計方法(非表示の値も含める) 集計方法(非表示の値を無視する) 関数
1 101 AVERAGE
2 102 COUNT
3 103 COUNTA
4 104 MAX
5 105 MIN
6 106 PRODUCT
7 107 STDEV
8 108 STDEVP
9 109 SUM
10 110 VAR
11 111 VARP

試してみていただければと思います。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ57歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。