【残業せずに定時で帰る】面倒くさい仕事は小さく分割。まず1つやる

固定ページ
Pocket

「残業をしないで帰りたい」という相談が労働者の方からありました。

「仕事が多すぎて手が回らないのではないのに、面倒なことを後回しにてしまい残業が続いている。」とのこと。

相談者の方にオススメしたのは簡単な方法です。

(1)面倒くさいことをやるには小さいことに分割する。
(2)すぐにできる小さなこと1つだけやる。

もしもあなたにも当てはまるなら、試してみてはいかがでしょうか。

Ookawa221061284 TP V

面倒なことは簡単ですぐできることの固まりに分ける

やりたいことだけをやるのなら良いのですが、そうもいかないのも事実です。

「面倒なことを後回しにて、残業してヘトヘトになってやり終える。」

そうならないために一番最初にやることは、
「やるべきことを小さな固まりに分ける」こと。

1つのやることは3分〜5分と短い時間でできることまで分割するのがおすすめです。

たとえば、形だけで意味もない「○○企画会議の議事録」を書かなければならない。
勤め人(労働者)の方にありがちな「仕事」です。

「出ても意味がない会議に参加させられるだけでウンザリなのに、書いたところで意味のない議事録まで・・・」

断れるなら断りましょう。

それでもやらざるを得ないと思うのでしたら、やるのが億劫で後回しにした結果が残業というのだけは避けたいところです。

面倒くさくて手をつけられずにいるのですから、面倒くさく感じずにすぐに手をつけてやり終えることができるほど簡単に1つの仕事を分割します。

また、途中で電話がかかってきて急ぎの仕事を頼まれるなど、途中で中断しなければならないことがありますので、そんなときでも少しだけでも片付いていきます。

面倒なことは簡単ですぐできることの固まりに分けたら、1つづつを片付けるのに必要だと思う時間の目安を書きます。

1つひとつをやるのは簡単だと実感できるので、仕事に手をつけるハードルが下がります。

そして、その仕事を終わらせるためにトータルで必要な時間が見積もることができます。

けっこう時間がかかるから早くから手をつけ始めなければならないことと、そのためにやる1つひとつは短時間で簡単にできることであることを実感できます。

すぐにできる簡単なことを1つだけやる

面倒くさくて手をつけられずにいる仕事を小さな固まりに分けたら、やるべきことが16個あったとします。
最初にやるべきことは「すぐにできる簡単なことを1つだけやる」ことです。

これだけです。

スクリーンショット 2022 01 21 11 17 00

すぐにできる簡単なことを1つが3分だったとして、それを1つやります。

1つやり終えたら、もう1つやってもいいですし、別の関係ない仕事をやっても大丈夫です。

パソコンのディスプレーに「1つやる(3〜5分)」など自分が見てわかるメモをふせんに書いて貼っておいてもいいですし、スマホでタイマ30分をバイブで設定して、30分に1つづつ片付けるのもいいです。

「まとまった時間を確保してやらなければ」と思っても、勤め人(労働者)の方は自分の思い通りにするのはむずかしいものです。

3〜5分でできることを1つづつ片づけるのなら、無理せずにできますし簡単にできます。

すぐにできる簡単なことを1つだけやりましょう。

やり終えたらチェックします。

つぎは、あとでまた1つやってチェックする。これだけです。

エンジンは回転しはじめるのに力がいるが、回転すれば燃料がつきるまで回転し続ける

PEZ86 torihazusaretabuhin TP V

止まっているエンジンを動かしはじめるには大きな力がいります。

小さなスターター・モーターは小さな力で動かすことができます。

大きな力がいるエンジンを動かしはじめるには、小さな力で小さなスターター・モーターを使えばいいのです。

「面倒なことを後回しにてしまい残業が続いている。」なら、面倒なことを面倒くさくないほど小さいことに分割して、まず1つだけ小さなことをやる!

残業なんかしないで、定時で帰りましょう。

一度回転を初めたエンジンは、燃料が尽きるまで回転し続けることができます。

自立してエンジンが回転するとはこの事です。
しかし、最初に何かしらの手段でエンジンを回転させなければ、エンジンは動くことが出来ないのです。
そこで、スターター・モーターを使いエンジンを回転させ、エンジンを始動させるのです。

車に関するお役立ち情報をお届け!
Seibiiマガジン

【編集後記】

面倒なことを後回しにしてついつい残業・・・。
周りもいつまでもダラダラと残業している。
まずは自分が残業をしないで帰りましょう。

そのための簡単な方法を紹介しましたが、いくら工夫しても仕事量が多ければ残業しないで定時で帰ることはできません。
仕事量が多いなら減らすことと新しい仕事を増やさないで断ることがなにより必要です。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ56歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。