Macの日本語入力を使いやすくする方法。ライブ変換とGoogle日本語入力

Pocket

PCで文章を入力していて、英語のように、漢字や仮名に変換せずに、ローマ字だけでそのまま文章を入力出来たら効率よくて良いなと思うときがあります。

MacPCを買って標準の日本語入力システムが、使いづらいと思うことはありますでしょうか。

少しでも頭の中で考えていることをスムーズに変換して日本語として出力できると、限られたワーキングメモリを無駄にせずに考えること、考えたことを出力することに自然と集中できます。

Mac OS X標準の日本語入力を使いやすい設定にする。

システム環境設定から→[キーボード]→[入力ソース]を開きます。

システム環境設定

システム環境設定1

入力ソース

「ライブ変換」を利用する。([入力ソース]の[ライブ変換]の「レ」チェックする。)

変換キーを押さなくても、自動的に日本語に変換されます。

ライブ変換1

入力している最中にどんどん文字が変換されていくことに少し違和感がありますが、意外に思った通りに変換されていきます。

試してみる価値があります。

[英数]で間違って入力して、kyouha と入力された場合、
[かな]キーを2回押すと、「今日は」と正しく変換されます。

[英数]で「mac」と入力するところ、[かな]で「まc」と入力してしまった場合は、[英数]キーを2回押すと、「mac」と正しく変換されます。

[入力ソース]の「変換候補表示」を「レ」チェックすると下の写真のように変換候補が表示されるようになります。

変換候補が表示された方がtabキーか空白キーで選択できて便利と感じるか、
変換候補が表示されない方が画面がスッキリして良いと感じるか、

好みで表示するかどうか決められます。

下の写真は変換候補表示をチェックした場合の表示です。

推測候補表示

下の写真は変換候補表示をチェックしていない場合の表示です。

推測候補表示無し

ライブ変換でどんどん入力変換していって、変換誤りがあった場合には、

変換確定後でも、変換し直したい言葉にカーソルを移動して、
ctrlキー+shiftキー+Rを押します。再変換ができますので重宝します。

[入力ソース]の[Windows風のキー操作]を「レ」チェックすると、
変換確定する際のEnterキーが2回でなく1回ですみます。

[入力ソース]の[Shiftキーの動作]を「ローマ字入力」にすると、
Shiftキーを押しながら1文字入力すると続く文字がローマ字で入力されます。

ローマ字入力を終えたいときは、Reternキーで確定すると通常の入力を続けられます。

google日本語入力をインストールする。

Google日本語入力ダウンロード

私は、 Mac OS Xライブ変換を知らずに日本語入力システムを使っていました。

Google日本語入力をインストールして、文章入力での日本語変換のストレスが少なくなり助かりました。

最近、ヨドバシカメラ西新宿本店Appleショップ店員の方にMacBookの質問をしていた時に、“ライブ変換が便利ですよー”と言われて、試してみたら便利だと思ったのです。

ライブ変換を先に知っていたらGoogle日本語入力を使っていたかどうかはわかりませんが、

両方使ってみると、どちらが使い勝手が良いかはよくわかりません。

逆に言うと、どちらもとても使いやすいです。

Google日本語入力

Google日本語入力2

Mac OS Xのライブ変換とGoogle日本語入力の併用も簡単

画面最上部のメニューバーの右にある入力メニュー([A][あ])をクリックすると、下の写真のようにメニューが現れます。

「[あ]ひらがな」を「レ」チェックして、「ライブ変換」も「レ」チェックすれば、 Mac OS Xのライブ変換入力ができます。

「[あ]ひらがな(Google)」を「レ」チェックすれば、Google日本語入力で入力ができます。

簡単に切り替えられますので、しばらく両方を併用して、自分が使いやすい日本語入力を選べます。

ライブ変換

Mac OS Xのライブ変換は意外に使いやすくて驚きます。
これなら日本語入力システムとして十分使えるのではないかと思います。

Google日本語入力の変換は小気味よいです。

どちらの変換が良いかは好みの問題だと思いますので、両方試してみてはいかがでしょうか?

Macユーザーの方でしたら、ライブ変換、Google日本語入力、どちらも無料で利用できますので、試してみてはいかがでしょうか。

今までとは、全く違う効率良い変換で、頭の中の思考をスムーズに文字へと出力できるかもしれません。

【編集後記】

日本語入力は、スムーズに快適に行いたいですね。
今日は日本語入力を快適にストレスなく行なうための方法を紹介しました。

週末の1日1新

TULLY’S COFFEE 神保町三井ビルディング店 PASMOで支払い

The following two tabs change content below.

小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて

小倉健二(おぐらけんじ) 1965年生まれ54歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。