野菜たっぷりポトフの作り方(野菜不足の人、お腹にやさしいレシピ)

Pocket

ついつい日常の中で、野菜って摂りにくいですね。

野菜不足に陥りがちです。

野菜をたくさん食べようと思っても、生野菜だと食べにくいときもあります。

そんなときは、野菜を柔らかく煮たポトフにすることで、食べやすく、身体もあたたまり、お腹にやさしい料理になります。

野菜を切って鍋で煮込むだけなので、とても簡単です。
ぜひ作ってみましょう!

材料

*上から使う順

【お鍋1杯分】

・水 2500ml

・コンソメ 小さじ16杯

・じゃがいも 5個
(我が家はじゃがいもが好きなので、たくさん入れます。)

・玉ねぎ 3個

・にんじん 2本

・ウインナー 1袋

・キャベツ 6枚

作り方

(1)まず鍋に水をいれ、コンソメを入れます。

【ポイント】コンソメを入れる時に、袋の側面ですり切ると楽です。

IMG 7631

(2)玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの皮をむきます。

【ポイント】玉ねぎは先に上と下を切り落としてからむくとむきやすいです。

IMG 7628

【ポイント】じゃがいもの芽は、ピーラーによっては横の部分で簡単に取ることができます。

IMG 7639

また、包丁の角でも取れます。

IMG 7636

(3)玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを切ります。

【ポイント】玉ねぎはすこし大きめに切り、形が残るようにします。

にんじんは縦に、じゃがいもは一口大に切ります。

IMG 7629

(4)切った玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを鍋に入れて、中火にかけます。

IMG 7635

(5)ウインナーを斜めに切り、食べやすい大きさにします。

【ポイント】肉類・魚類を切るときはまな板ではなく、乾いた牛乳パックの上できると衛生的です。

IMG 7640

(6)鍋が沸騰したら、ウインナーを入れます。

IMG 7641

(7)キャベツはお好みの大きさに切ります。(私は材料が大きいスープが好きなので、大きめに切ります。)

(8)よく煮詰まってきたら、鍋にキャベツを入れます。

IMG 7643

(9)じゃがいも、にんじんが柔らかくなったら完成です!

終わりに

私と下の子どもはお腹が弱く、脂っぽいものを食べるとお腹を壊してしまうことがあります。

そんなときは、ポトフを作り、心身ともに温まっています。

バランスのいい食生活をつくり、免疫力を高めて元気な身体をつくりましょう!!

週末の1日1新 新しい店のガトーショコラ

ガトーショコラ

無料相談(mail・zoom)のお申し込みはこちらから

 

mail相談(初回無料) 申込み

email相談は初回無料です。 申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください。

 

お名前 必須

メールアドレス 必須

相談 項目
いずれかの○を選んでチェックしてください
労働問題  障害年金請求労災保険給付

相談の内容 必須

 

zoomオンライン相談(30分1回無料) 申込み

申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください
 

お名前 必須

メールアドレス 必須

相談 項目
いずれかの○を選んでチェックしてください
労働問題  障害年金請求労災保険給付

相談 内容 必須

zoomオンライン相談 希望日時(第1希望〜第3希望までご記入ください) 必須

第1希望

第2希望

第3希望

The following two tabs change content below.
アバター

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談(期間限定)「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ55歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
アバター

最新記事 by 小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都) (全て見る)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。