拭き掃除。短時間で簡単にシンプルマインド(simple mind)になる方法

Pocket

ロジカルシンキング(論理的思考)で物事を解決していくことが大切です。

しかし、絡まった頭・心(complex mind)から、単純な頭・心(simple mind)になるためには、ロジカルシンキングよりももっと単純な方法が向いています。

絡まった頭・心(complex mind)

何か気持ちがスッキリしない。

あれをすべきか、これをやるべきか。
優先順位をつけてテキパキ片付けるべきなのか、しばらく放っておくべきなのか。

1日の終わりになって何かモヤモヤした気持ちがある。
元気がないわけじゃないし、やる気がなくなっているわけでもない。

頭の中・心がいろんな考え・気持ちで絡まっていて、複雑(complex)になってしまっている。

そんな時は、頭(論理)で解決するのは難しいかもしれません。もっと別の方法が簡単です。

ただ床を拭き掃除するだけ。単純な頭・心(simple mind)になってスッキリする。

ぞうきんを石けんで綺麗に洗い、片手と両ひざを床につけて、力強く床を拭きます。

たとえば6畳の書斎を拭き掃除するのでしたら、最初と途中と終わってからの3回ぞうきんを石けんで洗ったとしても5分あれば綺麗に拭き上がります。

家中の部屋の床を全部拭き掃除すると思うと、始めるハードルが高くなってしまいますので1部屋だけやってみましょう。

また別の日に、頭・心が絡まって(complex mind)しまったら、また1部屋拭き掃除しましょう。

綺麗に見える床も拭いてみると、少し汚れているようで、拭いたあとはピカピカして見えますし、歩いてみると床(フロア)がピタッと足の裏につくような気持ちの良さがあります。

物が置いてあっては床を拭けませんので、床に物が置いてある場合は片付けますので、部屋の見た目もスッキリします。

ぞうきんは拭いて汚れが取れやすく、洗うと汚れが綺麗に落ちるマイクロファイバークロスがオススメ

ボロ切れや汚れた布は手にして気持ちが良いものではありません。できれば避けた方がよいと思います。

シンプルマインド(simple mind)になるために拭き掃除をするのですから、

手に持ったとき、使わずに置いてあるときも見て不快感がない、綺麗な布を用意しておいた方がよいでしょう。

お勧めは『レック 激落ちクロス マイクロファイバー』 10枚入534円

私は昨年3月(2017/3/3)に『レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入』書いました。

レビューが良かったので選んだものですが、床の汚れがきれいに落ちますし、石けんをつけて、もみあらいするとクロス(ぞうきん)の汚れが落ちてきれいになります。

1年半近く使っていますが、まだ5枚残っています。

10枚で534円ですからかなりお買い得でオススメです。

Amazon レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

  • 製品サイズ:約30cm×30cm
  • 製品仕様:10枚セット
  • 素材・材質:マイクロファイバー(極細繊維)
  • 用途:家電製品・家具・窓ガラス・鏡などの汚れや手アカ落し。
  • 特徴:洗剤を使わずに汚れを落とす高機能お掃除用クロス。
  • 使用方法:カラ拭き、水拭きのどちらでもご使用いただけます。汚れが落ちにくい場合は少量の洗剤を併用してください。

絡まった頭・心(complex mind)から単純な頭・心(simple mind)になるには、拭き掃除は短時間で簡単にできる方法です。

物事を論理的に考えるタイプの方は、頭・心が絡まっているときには論理的思考で解決しようとせずに、“拭き掃除”を一度お試しいただければと思います。

【編集後記】

絡まった頭・心(complex mind)から、単純な頭・心(simple mind)になるためには、マインドフルネス(瞑想)もおすすめです。

iPhoneアプリによる3分からのマインドフルネス(瞑想)を紹介した記事はこちらです。
『怒りの感情から離れ、今この瞬間の自分に集中する方法。<iPhoneアプリ マインドフルネス>』

週末の1日1新:星乃珈琲 パスタパンケーキセット

IMG 8219

The following two tabs change content below.

小倉 健二 ( 特定社会保険労務士 )東京都 ※相談は新宿近辺にて

小倉健二(おぐらけんじ) 1965年生まれ54歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。