【iPhone・アプリ】”Due”のリマインダーの登録時間の間隔《ピッカーのインターバル》を好みに合わせる方法(1分・5分…30分)

固定ページ
Pocket

「Due」はリマインダー・タイマー・アラームなどの機能をもつ便利なiPhoneのアプリです。

思いついたらすぐに「Due」に入れる!という習慣をつけると、時間になったら自動で「Due」から通知がくるので、ついつい忘れてしまう人や時間を忘れて没頭するタイプの方におすすめです!

今回は通知を1分刻み・5分刻み…30分刻みと登録する時間の間隔(ピッカーインターバル)を設定方法を紹介します。

ピッカーのインターバルとは

「Due」が通知する時刻を1分、5分、10分、15分、30分の間隔から選ぶことができます(=ピッカーのインターバル)。

【例】ピッカーのインターバルが5分の場合

下の写真だと17時50分、55分、18時00分、05分、10分、、、と5分ずつ設定することができます。

設定方法

(1)「Due」を開きます。

(2)画面左上の三本線のアイコンをタッチします。

(3)「設定」を選びます。

(4)「日付の選択」の「ピッカーのインターバル」をタッチします。

(5)1分、5分、10分、15分、30分の間隔から選ぶことができます。

※今回は1分にしています。

設定は終了です!では、実際に「Due」に通知を登録しましょう。

画面右上の「+」のアイコンを選びます。

期日の時刻が1分刻みで登録できるようになっていますね。

(裏技)時刻を手入力で設定することもできます

そのまま時刻を「●:●」と手入力し、表示された緑枠(下の写真)に囲まれた「●:●に設定」をタッチします。
※下の画面では「18:28」と入力しました。

リマインダーが自動で入力した時刻に設定されます。

※18:28に設定されました。

時間を探して選ぶのが面倒な場合は、手入力のほうをおすすめします。

「Due」の他の紹介記事

以下の記事でもiPhoneアプリ「Due」について紹介しています。

iPhoneアプリDueでEvernoteの特定のノート開くリマインド。

大事なことでも、何でも忘れてしまう‼️➡️iPhoneユーザーならアプリDueを使いましょう

ワーキングメモリ。負荷をかけて鍛えるか⁉️負荷を減らしてゆとりを持たせるか

ミスをしないためにワーキングメモリを解放する具体的な方法

【編集後記】

今日(2022/03/02)は夕方に下の子と2人で散歩。
トータルで1万1千歩。
途中でUNIQLOで春物のシャツも買って、楽しく歩きました。

The following two tabs change content below.

小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 相談・依頼ともに労働者の方に限らせていただいています。  <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ57歳。連れ合い(妻)と子ども2人。  労働者の立場で労働問題に関わって30年。  2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。