読書・勉強一覧

グレタ・トゥンベリさんから学ぶ「内向型」労働者の主張・行動

内向型だから主張ができない、内向型だから積極的な行動ができない、というわけではありません。 積極的な主張と行動で世界を動かす環境活動家のグレタ・トゥンベリさんはもともと内向的なタイプだそうです...

記事を読む

DVD『外国人収容所の闇ークルドの人々は今ー』(PARC)を見よう

日本の外国人収容所に問題があるらしいことは知っていました。 まさかこんなひどいことが今の日本社会で起きているとは知りませんでした。 税抜2,000円。PARC(特定非営利活動法人アジア太平洋...

記事を読む

AssistiveTouchを使おう">

AssistiveTouchを使おう">iPhone(iOS13.3.1)Kindleで画面の読み上げができない – > AssistiveTouchを使おう

iPhoneで電子ブック(Kindle、iBook)を読む。画面の読み上げ機能を使えば電子ブックを聞くことができるので便利です。 ところがなぜかKindleで画面下に向かって2本指でスワイプし...

記事を読む

『閉ざされた扉をこじ開けるー排除と貧困に抗うソーシャルアクションー』稲葉剛著(朝日新書)

25年以上路上生活者の支援活動を続けてきている稲葉剛さんの新刊『閉ざされた扉をこじ開けるー排除と貧困に抗うソーシャルアクションー』。大人の貧困は自己責任とする考え方が強いため生活に困窮している人...

記事を読む

手軽に手に入る中村哲さんの文庫本『アフガニスタンの診療所から』を読んでみよう。

銃撃され昨年2019年12月4日に亡くなった中村哲さん。ニュースで見た話だけでなくもっと知りたい。 中村哲さん著書『アフガニスタンの診療所から』が今年2020年2月15日文庫本で復刊されて本屋...

記事を読む

iPhone『ねんきん情報アプリ!』で年金のことを知ろう

年金(ねんきん)。保険料を払わなければならないらしいことは聞いたことがある。 年をとって老人になったら年金を受け取れないと生活が大変になるらしいが詳しいことはよくわからない。 iPhoneを...

記事を読む

Kindleメモとハイライトをテキストデータで出力する方法

電子書籍Kindleはハイライト機能を使って、本にマーカーを引くことができます。 マーカーを引いた部分だけを表示させて一覧で見ると便利です。そして見るだけでなくテキストデータで出力できますし、...

記事を読む

就職先がみつからず疲れてしまったら就職しない生き方もある

高校や大学を卒業する間際(ずっと前から)、就職先を探して応募・面接と忙しく活動で大変です。 就職先がうまく見つかる人もうれば就職先が見つからずに困りきってしまう人もいます。 立ち上がれなくな...

記事を読む

労働基準監督署のYouTubeチャンネルで労働者の権利を学ぼう!

You Tubeよく見ますか? 私はお笑い芸人サンドイッチマンさんを見るのが好きです。 労働基準監督署のYouTubeチャンネルで労働者の権利が学べますので見てみましょう。 YouTube...

記事を読む

2019年版『労働ハンドブック』(埼玉県産業労働部)をダウンロードして読もう。

東京都が発行するポケットサイズ(横13cm縦約18cm厚さ約1cm)の労働法の冊子をこちらの記事「労働法を知ることは“選択の自由”を持つこと。」で紹介しました。 今日の記事は埼玉県が発行する2...

記事を読む

労働法。はじめて学ぶなら行政主催の無料セミナーに参加してみるのもいい。

なんでもそうですが、初めて知ることというのは難しいものですし、わからないものです。 全体像を見渡せると、雰囲気がつかめます。 そうすれば、細かい知識は後から吸収できるようになります。 ...

記事を読む

V.E.フランクル。著書を読んで分かりづらかったら「ロゴセラピー入門シリーズ」を読もう。

V.E.フランクル。ナチス・ドイツの強制収容所に収容され奇跡的に生き残り『夜と霧』の著者として名前を聞いたことがある方は少なくないと思います。 今こそ、読もう。V.E.フランクル。 東日本大...

記事を読む

中村哲さんの本・マンガを読み動画を見てみよう

アフガニスタンで医療活動をしていた医師の中村哲さんは、病気の背景に食料不足と栄養失調という深刻な問題があることから、用水路建設(灌漑事業)に取り組まれていました。 中村哲さんがアフガニスタ...

記事を読む

時間がない人、無料で勉強したい人にもおすすめの英語の勉強方法

英語は、今では欠かせないツールとなっています。 しかし、英語が苦手という方もいると思います。 かくいう私も苦手です。 英語が苦手な私が日頃行っている勉強法をご紹介します。 英...

記事を読む

お兄ちゃん・お姉ちゃんになった子どもにおくる絵本『『ちょっとだけ』(作:瀧村有子 絵:鈴木永子)』

アカデミー賞にノミネートされた 細田守監督の「未來のミライ」は、惜しくも受賞を逃しましたが、とても良い映画です。 妹が生まれてお兄ちゃんになった主人公の気持ちがよく描かれています。 ...

記事を読む

子どもに怒りがちになったときにおくる絵本『おこだでませんように』(作・くすのきしげのり 絵・石井聖岳)

子どもにはついつい怒りがちに 子どもはかわいいです。周りを笑顔にしてくれ、社会の宝物です。 そんな子どもも「自我」があるので、だんだん親の言うことを聞かなくなります。それが成長です。 ...

記事を読む

おとなにもおすすめの絵本『じゆうをめざして』『風が吹くとき』

子ども向けの絵本は、おとなの心にも響くものがあります。 今回は、おとなにもぜひ読んでほしい絵本を紹介します。 Amazon  じゆうをめざして(作・絵:シェーン・...

記事を読む

自分がどうしたいかで行動する。『その島のひとたちはひとの話をきかない』

書籍『その島のひとたちはひとの話をきかない』。 面白いタイトルです。 精神科医(森川すいめいさん)が、自殺希少地域(自殺者が少ない地域)を訪ね歩いて気がついたことを書いた本です。 ひとの話...

記事を読む

“学び直す理由”はあなたしだい。将来学び直したいではなく、今できることを学ぶ

『正社員として働く人々の学び直しの実態と意識〜将来の自分への投資として学び直しをすることの重要性〜「人生 100 年時代の働き方に関するアンケート調査」より』2019/02/08株式会社第一生命...

記事を読む

労使協定と労働協約。言葉が似ているが全く別物。〜“なんとなくわかる感じがする言葉”は調べてみよう〜

勤め人の方は、労使協定、労働協約という言葉を聞いたことがあると思います。言葉が似ていますが意味は全く異なります。 労使協定と労働協約。日本語の言葉が似ているが、全く別物。 ...

記事を読む