iPhoneアプリ【Kindle】<耳><目>両方で読む。読書の効果が2倍!

Pocket

iPhoneのテキスト読み上げ機能を使ってKindle本を聞くことができます。
耳で本を聞きながら、読み上げで聞こえるペースに合わせて目で追って読みましょう。

目と耳のダブルで本を読むので効果は2倍です。

テキスト読み上げ機能で、先のページへと強制的に読み進む

本は自分のペースで読み進む方が楽しいし、理解も進みます。

しかし、ページ数が多くて読み進みのに気後れしてしまう本、初めての分野の本は、1回読み通すのが大変だと感じるときがありませんか。

それで積ん読のままで放置されている・・・。Kindleの本でも同じようになってませんか?

読もうと思って買ったKindleの本。iPhoneアプリの中で未読のままの本が何冊もある。

それなら、一定のペースで読み進めて、一気に読み切ってしまいましょう。

Kindle本なら、

iPhoneのテキスト読み上げの機能を使って<耳>で聞きながら、

聞いている部分を<目>で追って読むことで、立ち止まらずに読み進めます。

耳で聞きながら目で読むことで、一定のペースで読書を進められます。

iPhoneのテキスト読み上げ機能は2倍速まで変更できます。

速度を変えて、自分にちょうど良いペースを見つけましょう。

私の場合は2倍速の読み上げの速度で目で追っていくと、いいペースで本を読み続けられます。

深く読みたい気持ちがあっても、どんどん読み上げて進んでいくので、とにかく目で追っていく感じです。

どうせ読まずに寝かしていた本ですから、読み上げに合わせて早いペースでどんどん読んでしまいます。

読み始めるのがおっくう。読み始めても途中でやめて読み切れていない。どちらにしても放置してある本。

こういう読むのが大変だなと感じているのはどんな本でしょうか。

  • ページ数が多くて一気に読み終わらない本。
  • 慣れない分野の本で理解しづらい本。
  • 専門的な本。

・・・

読むのが大変な本は、まずは一気に読み進めて全部を読み切るのが肝心です。

一度読み切ってしまえば本の全体像をつかめます。

全体像をつかんでしまえば、敷居が低くなっているのでラクに再読できる。
2回目に読むときは、次は1章ごとに理解を深めながら細かく読めます。

Kindleの本ならiPhoneのテキスト読み上げ機能を使って耳で聞きながら、聞いている部分を目で追って読みます。

一定のペースで読み上げが進むので、立ち止まれません。

同じページに止まってこだわったり、理解できないので前のページに戻ることもできません。

目で読むペースも一定に保って進みます。

とにかく読み進めて1回読み切るのに、読み上げ機能で聞こえてくる速度に合わせて、淡々と目で追いかけて読み進めます。

読み上げに合わせて自動的にページがめくられます。

自分でタップせず、自動的にページがめくられるで手間もかからずに集中して読み進められます。

耳と目を両方使うと理解は高まる

資格試験の受験勉強は、テキストを読むだけよりも、テキストを使って講義を受けると理解が高まります。

説明を受けることで内容の理解が深まるのが一番の効果です。

そして、目だけでなく、耳からも情報が入ってくることで、目と耳の2つからインプットが深まるからでもあります。

耳で聞きながら、目で追って読んでいきます。

受験勉強とは関係ない本も同じです。目と耳の両方をつかって読めば読書の効果は2倍です。

Kindleアプリで本を開いたら、iPhoneテキスト読み上げを立ち上げます。

iPhoneアプリ【Kindle】を<耳>で読む方法は、こちらの記事で紹介しています。

iPhone「画面の読み上げ」でKindle本を耳で読む。
iPhone(iOS13.3.1)Kindleで画面の読み上げができない – > AssistiveTouchを使おう

テキスト読み上げを開始します。

開始したら、下の写真の赤い丸の部分をタップします。

画面中央に大きく表示された読み上げ機能が小さくなります。

これで、Kindleの本が見えるようになりました。

<耳>で聞こえてくるペースに合わせてテンポよく<目>でも読み進めます。

iPhoneテキスト読み上げは意外に読み間違いが多い。耳で聞くだけでなく目でも読めば読み間違えに気づくので大丈夫

Kindle本を<耳>で読んでいると、

う〜ん・・・何の話をしているんだ?
意味がわからなくなることがあります。

iPhoneが言葉を読み間違えるからです。

漢字の読む方は1つではないので、これは仕方ないことではあります。

Kindle本の文章 iPhone【テキスト読み上げ】誤りの例
「一日」のはじめ 「ついたち」のはじめ
1人でレストランに「行って」みると ひとりでれすとらんに「おこなって」みると
「1日1日」をリズムをもって生活する 「ついたちついたち」をりずむをもってせいかつする
「正反対」 「ただしはんたい」

耳で聞きながら目で追って読む方法なら、読み上げ間違いに気づくので、話の意味がわからなくなることがないのも利点です。

1回目は読み上げの速度に合わせて最後まで読み切ったら、2回目はハイライト機能を使って、読み返したい部分にマークする

1回目で一気に読んで全体像をつかんでいます。

2回目に読むときは気になる部分をハイライトでマーキングして自分にとって大事な部分をチェックしていきましょう。

マイノートで一覧表示させて、ハイライト部分だけを読むことができます。

ハイライト部分だけを読み上げ機能で耳で読むこともできます。

こちらの記事で紹介しています。
80対20の法則で読み直す iPhone 【Kindle】ハイライトとマイノートで本の重要な8割を2割の時間で読み直す
iPhone【Kindle】ハイライト部分だけ<聞く>

ページ数の多さに圧倒されて読めない本、専門的な本、初めてのジャンルの本。

買ったまま読んでいないKindle本はありますか?

iPhone読み上げ機能で耳で聞こえてくるペースに合わせて目で追って、最後のページまで一気に読み切ってしまいましょう。

本の全体像がわかっているので、自分のペースで読む2回目は最後までラクに読めます。

一度ためしてみてはいかがでしょう?

無料相談(mail・zoom)のお申し込みはこちらから

 

    mail相談(初回無料) 申込み

    email相談は初回無料です。 申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください。

     

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    相談 項目
    いずれかの○を選んでチェックしてください
    労働問題  障害年金請求労災保険給付

    相談の内容 必須

     

      zoomオンライン相談(30分1回無料) 申込み

      申込みは下記に記入して「送信」をクリックしてください
       

      お名前 必須

      メールアドレス 必須

      相談 項目
      いずれかの○を選んでチェックしてください
      労働問題  障害年金請求労災保険給付

      相談 内容 必須

      zoomオンライン相談 希望日時(第1希望〜第3希望までご記入ください) 必須

      第1希望

      第2希望

      第3希望

      The following two tabs change content below.
      アバター

      小倉健二(労働者のための社労士・労働者側の社労士)Office新宿(東京都)

      小倉健二(おぐらけんじ) 労働者のための社労士・労働者側の社労士 労働相談、労働局・労働委員会でのあっせん代理 労災保険給付・障害年金の相談、請求代理 <直接お会いしての相談は現在受付中止> ・mail・zoomオンライン対面での相談をお受けしています。 ・30分無料zoomオンライン相談(期間限定)「相談・依頼の申込み」フォームから受付中。 1965年生まれ55歳。連れ合い(妻)と子ども2人。 労働者の立場で労働問題に関わって30年。 2005年(平成17年)12月から社会保険労務士(社労士)として活動開始。 2007年(平成19年)4月1日特定社会保険労務士付記。 2011年(平成24年)1月30日行政書士試験合格
      %d人のブロガーが「いいね」をつけました。